スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽園を食らう ワインが飲みたい

20101225wine.jpg

朝からローカルワルンでビンタンばかり飲んだくれているぼくでも
少し気取ってワインが飲みたいときもある.
そんなときはウェスタン料理がちょうどいいのではないだろうか.
そういえば前回この島に来たときに滞在したホテルのすぐ近くに
気持ちよさそうで味も期待できそうなレストランがあったのを思い出した.
それでは今晩はちょっと着飾っていってみようじゃないか.

このレストラン景色がよかったり中庭があったりするわけでもないけど
前回滞在時に毎晩ヨーロッパのゲストでにぎわっているのを傍で見ていたのだ.
で,行ってみると沢山のゲストが思い思いにディナーを楽しんでいる様子.
期待が高まるなぁ.

ここに来る前にぼくのお腹はステーキとワインとすでに決まっていたので
メニューも他は目もくれず一直線にそこのページに.浮気は禁物なのだ.
ぼくと妻はステーキのそれぞれ違ったソースを選んで
ワインはハウスワインをキャラフェで.

考えてみればヒンドゥの島で牛肉がメニューにあるなんてありえない.
つまり在住外国人とツーリスト向けレストラン.
その中で在住外国人が多く通うレストランが総じて旨い.
こういう場合ステーキなど食べたことのないローカルが料理するのが味に大きく影響するけど
このレストランは焼き加減もソースの味も申し分なかった.シェフは外国人なのか.

大体アジアの都会のウェスタンのレストランのシェフはそのジャンルの国出身の場合が多く
日本のレストランに比べとてもエッセンティアリ.
繊細さに欠けるかも知れないがいい意味で日本的に昇華された料理よりも
素材が豪快に主張してくるこちらのほうが好み.

ハウスワインは予想に反してとても美味しくうれしい誤算.
ぼくは食べるのは大好きだけど食通ではないのでワインの銘柄なんてまったくわからないから
大概はリーズナブルなハウスワインをガブガブいくことが多い.
もともと家では1本600円くらいのものでもデキャンティングしてしまえば
そこそこ美味しく飲めると思っている程度の舌しか持ち合わせていないが
ここのハウスワインはありである.

ハウスワインがこのレベルをキープしているのであれば料理も期待できる.

さー,料理がテーブルに運ばれてきたぞ.
スポンサーサイト

tag : バリ ウブド グルメ

スチームボート

20101215火鍋2

愛すべき雑然とした島から同じ東南アジアながら全てが整然と整えられた島国へ飛んでくるとそのギャップがとても楽しい.
この島国はぼくにとっての世界へのゲイトウェイ的な存在.
ココに来れば世界中のエッセンスが集まっているしどこにでも行けそう.
そしてアジアの未来を垣間見ることができる.
マレー,広東,タミル,その他各語が渾然と街中に飛び交い
共通の意思疎通として英語が存在するミックスカルチャー.
そこにリー・クァン・ユーが作り上げたシンガポールというアイデンティティにまとまる.

例によって帰国時はフライトスケジュールの関係上トランジットでマレー半島の先っちょ島国で1泊.
当初15:00の予定でいたのだけど3週間前になってAirAsiaの勝手なスケジュール変更.
おかげで21:00過ぎの入国となってしまって翌朝6:00までの賞味10時間と食を取るか寝をとるかさじ加減が難しい.
最初は旨いめし食べてカジノ行っちゃおうかと思っていたけどあえなく却下され
この島国で何も食べないのは背信行為に等しいと少しでも食を楽しむことにした.
なのでチャンギ空港から近いローカル色濃いイーストコーストが目的地.
Joo Chiat Rd.にあるバジェットホテルへ滞在し最後の晩餐を楽しむ.

このあたりはナイトクラブも多いがローカル飯屋も数多くある.
ぷらぷら歩いて気にいった店で食べようと思っていた.
この島国にしては怪しい雰囲気の町だけど客引きがいたり危険な香りがするわけではない.
狭い路地でなければ普通に歩ける.
ホテルから比較的近くに火鍋屋ありローカル客もいるしここで食べよう.
この時間に食べるには油っぽくない火鍋は丁度いい.
アジア的なコクのある海鮮スープとトムヤムスープに野菜と魚介類を次々に放り込んで
赤道直下の島でハフハフしながら食べる.

20101215火鍋1

お供にもちろんタイガービールも欠かせない.

tag : シンガポール グルメ

楽園を食らう バビグリン

旅先でローカルフード食べずに食は語れない.

20101116バビグリン1

旅の楽しみのひとつはもちろん食事.
そしてどんなに美味しいレストランで食べようが美味しいワインを飲もうが
この島ではローカルワルンに軍配が上がってしまう.

ぼくは旅に出ると可能な限りローカルが通う食堂でローカルフードを食べる.
食はその国のその土地の風土・文化を映している鏡だからそれが一番美味しいし,一番楽しい.
おなかの具合が悪くなるというリスクが多少あるがこれも慣れで
いつもとは違う水,料理を食べているのだからおなかの具合なんか多少は悪くなるもの.
ローカル客の良く入っている店を選べば食中毒なんてことにはまずならないからたぶん大丈夫.
第一日本に居たって食中毒になるときはなるのである.

ただしここはローカルが主役のワルン.
ぼくたちはあくまでもツーリストだから
お邪魔させていただいているという謙虚さと
ローカルに対するリスペクトを忘れてはいけない.
「ビールは控えめに.お代は多めに」が原則である.
この島の人たちはあまりアルコールを飲まない.
なぜなら彼らはこの島そのものに酔っているからだ.

日本でもその土地の料理を食べるのが楽しい.
日本列島は南北に長いので気候風土もバラエティに富んでいるから
この狭い国では考えられないくらいその土地土地のカラーが料理に出て面白い.
それこそ和食などと一括りに出来ないくらいそれぞれがユニーク.
このバラエティにとんだ気候風土とローカルフードこそ日本が世界に誇る事の出来るものだろう.

この南の島のローカル料理といえば最初に思いつくのがバビグリンとなる.
バビグリンそのものがこの島では神聖で大切な料理だしこの島でしか食べることが出来ない.
その中でギャニャールのとあるワルンのバビグリンが一番だった.これまでは・・・

ところが新たに出合ってしまったのである.

この旅ではこれまで食べたことのないワルンのバビグリンを食べようと心に決めていた.
だから着いたその日にまずは食べようと思ってい行動をおこす.
新しく出来た店で味もかなり美味しいと最近よく話題になっているワルンへ.
ビーチエリアから山あいの街へ向かいもうすぐウブドというところの
比較的わかりやすい交差点の比較的多きく駐車場もあるそのワルンは・・

ちょっと×××××・・
バビグリンの命ともいえる皮は硬く味もなく,皮の裏は大切な脂がまったくのっていないのだ.
皮がこれでは肉も肝もしかりで珍しく食べるのに時間がかかる.しかもお会計はイブオカ並とダメ押し.
たまたま今回だけなのかも知れないが肝心の皮がこれでは残念.
まぁ,仕方ないたまにはこんなこともあるさ.
とにかくこの島に来ることが出来てバビグリン食べること出来たし今日はこれで良し.

駄目な日もあればよい日もある.人生はそんなもの.
もう一度くらいバビグリン食べたいと思い別の日に行ったワルンはその日一日を最高な日にしてくれた.
ウブドの中心から少し離れたところにあるこのワルンは
目立たずひっそりとやっているまことに奥ゆかしいワルンなのだ.
ところがその実力はバビグリンの本場ギャニャールを凌ぐ勢い.

写真でもわかる通り良く脂ののった皮はパリッとしているが硬くなく口に入れたとたんに豊饒な味が充満する.
こうなれば肉もしっとりとして旨いのは簡単に想像出来る.
肝はプリッとしてしかも臭みはまったくない.
量もものすごく多かったけどペロリとたいらげてあっという間に完食.
お会計はイブオカの半分以下と申し分ない.
見事ベスト・オブ・バビグリンの座を奪い取ったのである.

要するにインターネットを鵜呑みにしてはいけないというあたりまえの教訓であった.

tag : バリ グルメ ローカル ウブド

楽園を食らう サンバル・マタ

minta nasi satu.(ご飯ひとつください)

20101030イカンゴレンサンバルマタ

サンバルといえばチリソースだけど
サンバル・マタは生サンバルのこと.
ちょっと趣が変わってさわやかでこれだけでご飯がいただけるほど.
だからサンバル・マタがあるワルンではどうしても
minta nasi satu.
となって食べ過ぎてしまうのだ.

そして何よりもイカン・サンバル・マタが旨い.
魚の素揚げ又は焼き魚の上にたっぷりとサンバル・マタがのって
香ばしい魚とさわやかでスッパ辛いサンバル・マタが繰り広げるハーモニーが極上の一品.

このサンバル・マタはバワンメラ(小さい紫タマネギ),レモングラス,フラッシュチリを刻んだものに
ピーナツオイルや塩,ライムを入れたとてもフレッシュな生命維持装置.
これでご飯を食べていれば生きていけそうな位旨いものだ.
バワンメラはタイ料理でも良く使われるけどこれがやたらと美味しい.
ヤム・ホーイ・クレーング(タイ産赤貝のサラダ)などは舌がしびれまくって涙ものの旨さである.

このサンバル・マタ,日本の食卓に登場したら
今売り切れ続出の「食べるラー油」などは売れ残り続出になること間違いない.

tag : バリ グルメ ローカル

楽園を食らう ダーティ・ダック

20101002bebebungil4.jpg

旅の楽しみのひとつはもちろん食事.

どんなに楽しい旅でも食事がつまらないとその旅の魅力は半減してしまう.
たとえばアメリカに行って毎日マクドナルドのハンバーガーでは寂しい.

ぼくは旅に出るとローカル食堂でローカルフードを食べることが多い.
そんなぼくでもディナーとなると滞在中何回かは気持ちのいいレストランで食べる.
ほんのちょっと着飾って出かけると気分も変わっていいものだ.
最初から最後までず~っとローカル食堂ではさすがにつらくなってしまう.
さらに言えばローカル食堂は食べるというものそのものだけが目的となってしまう.
空間,時間,サービスそれらを「楽しむ」にはレストランということになる.
それらを楽しむことでぼくのますます五感は刺激される.

20101002bebebungil3.jpg

たとえばこの夜アヒルを食べに行ったこのレストランは
観光客にもローカルにもとても人気がある店.
丸々一匹のクリスピーダックは最高に美味しいしなぜかまた食べたくなる.
店の雰囲気はけっしてゴージャスであったりファッショナブルってわけではないけど
この島らしいしっとりとしたムードが好ましい限り.
テーブル席ではなくバレでビンタンやアラック(椰子の蒸留酒)なんか飲みながら
ゆっくりくつろぎ過ごす時間はゴージャスそのものだ.

やっぱりこの島に帰ってきてよかったなぁ.

tag : バリ グルメ ウブド

profile

Bohemian

Author:Bohemian
リラックスして生きる.
ボヘミアンはそう考えます.

categories
latest article
monthly archives
tag

バリ キャンプ ウブド 鎌倉 リゾート ドギー グルメ 70's リラックス サーフィン 富士山 ライスパディ GOODS トレッキング 水遊び おもちゃ 原生林 東北 シンガポール ローカル 紅葉 サヌール  ビーチリゾート 渓谷 ミュージック お寺 お釜 夜店 火遊び ツーバーナー ムービー ハワイ カメラ LCC 裏道 ビーチ クッキング  ホテル 湖畔 '70s 料理 ツール アウトドア パタゴニア 女性ボーカル ジャズ スパ 乗り物 近未来 ブンクス 音楽 朝食 ワルン ジャランジャラン スノー レゲエ  池澤夏樹 ベモ ワンコ   スピリチュアル 

access
on line
現在の閲覧者数:
search
Bohemianのお気に入り
RSS links
our links
メールはこちらから
ご意見・ご感想などあったらメールいただけると嬉しいです。 頂いたメールには返事を出したいのでメールアドレスを忘れずに入れてください。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。