スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトルインディア

20110531littleIndia2.jpg

ここが多分一番面白い.

タミル語が氾濫するリトルインディア.
インド系シンガポール人たちが大半を占める街.
おそらくインド本国以外で一番旨いインド料理を食べることができる.

それではとタクシーでリトルインディアに乗り込む.
この日は丁度インドのお祭りタイプーサムである.
タイプーサムのおかげで道はシンガポールらしからぬ渋滞.
どうにか降り立つとそこはむせ返るようなインドの空気と活気に満ち溢れていた.

シンガポールならばどこに行っても旨いものは食べることができるが
その中でもここリトルインディアとチャイナタウンは別格で
ここ来れば短い滞在期間では食い尽くせないほどの旨いものが沢山ある.

インドを一言であらわすのなら「カオス」となるけど.
残念ながらリトルインディアではその「カオス」を堪能することは出来ない.
そこがシンガポールたる所以だけど十分セーフな環境で異国ムードを楽しめる.
インド本国では今すぐそこから逃げ出したい衝動に駆られるほどの威力があって
訪れた者に気力と体力を要求してくるけど
ここリトルインディアはそれに比べたらなんともイージーであるから
真性バックパッカーでなくても十分インド的な空気が味わえる.

20110531littleIndia1.jpg

まあ東南アジアの中では一番どんなところでも普通に英語が通じるシンガポール.
そんなディープなところに行っても「わけわからん」とはならないのだ.
その代わり意外と日本語が通じないのがシンガポールでもある.
スポンサーサイト

チャイナタウン

人間ついつい強欲になってしまいます.

20110524チャイナタウン1

強欲な一日は朝早くから始まる.
シンガポールでホテルの朝食を食べることは強欲な人間には考えられない.
なぜなら一歩街に出れば朝から旨いものが食えるのだ.
シンガポールに来たからには美味しい物を食べなくては損した気分.
それはこの島国でツーリストが魅了される一番簡単な出来事だからだ.
安くて旨いものがてぐすね引いてぼく達を待ってる.
ツーリストが簡単に楽しめるローカルフードの3大拠点はチャイナタウン,ブギス,リトルインディア.
さらにディープに行きたいときはゲイラン,カトンなどの東部へいくことになる.
華人が80%をしめるこの国でチャイナタウンは質・量・価格すべてにおいて他を引き離す勢いなのだ.
日本でも横浜の中華街などに行くと数多くの中華料理店が軒を連ねるその雰囲気と中華街独特の色彩が街を彩り
軽いトリップ感に陥って「とにかく何でも食べてやろう」という気持ちになってしまうがここも同じ.

歩いてもいけるがMRTでチャイナタウンへ.
朝,旅でいい加減疲れきった胃袋にはお粥がよろしい.
お粥ならチャイナタウンのマクスウェル・フードコートで旨いものが食べられる.
ぐるりとホーカー内を回れば他にもいろいろあって目移りしそうだけど
ここのお粥のストールはこの時間でも行列を作っている.
それにフィッシュボール・ヌードルなんてものもなかなかいい.
出勤前のローカルに混じっていただけばなんだかそれだけで気分.

20110524チャイナタウン2

さらにチャイナタウン・コンプレックスという巨大なホーカーに行けば
周りはローカルの華人ばかりとディープ度は増す.
何しろここにいる親父達はいかにも仕事してないオーラと風格.
昼間からビールを皆で飲んでいる姿は中国4000年の歴史の恐ろしさを実感させられる.
まあ「昼間から酒などなんで」なんて小言を言うのは日本くらいではある.
そしてここはマクスウェル・フードコートにも勝る旨いストールが曳きめきあっているのだ.

20110524チャイナタウン4

チャイナタウンは街歩きも楽しいところ
シンガポールの街並み特徴とも言えるショップ・ハウスが立ち並ぶ.
そのショップハウスを眺めながら食を求めてブラブラするのが楽しい.
そして中華的なものというのはどこの国にいっても薄まることはなく
強烈に主張してくるからそのミスマッチ感覚が楽しさに拍車をかける.

20110524チャイナタウン5

散策中にエッグタルト屋があったり
ピープルズ・パーク・コンプレックスの前には沢山の屋台
買い食いが楽しいのは日本の中華街と同じだ.
さらにMRT駅近くの屋台や土産屋がひしめく通りを歩けば旨い甘味屋にも出くわす.

つまりチャイナタウンに滞在すればでっかい台所を手に入れたものと同じということだ.

サテ屋台

どこの国に行っても串焼きは旨いのだ.

20110407sate1.jpg

シンガポールのオフィス街であるシェトンウェイに夜な夜な串焼き屋台村が出現する.
通りを1ブロック封鎖して沢山のサテ屋の屋台とテーブルが並ぶのだけど
雑然としていないところがやっぱりシンガポールである.
ざっと屋台郡と下見して旨そうなサテ屋をぼくなりに決めた後適当なテーブルにつくと
待ち構えていたかのようにぼく達のところにメニューを持った人が群がってくる.
サテ屋,中華料理屋,飲み物屋,デザート屋などなど・・
この群がりはアジアを感じる瞬間で楽しいしこれを怯んでいるとアジアを楽しむことは出来ない..
アジアで気分よく過ごすのに重要なのは要らないものはきちんと断ることだ.

チキンとポークのセットと海老のサテを食べることにした.
それと飲み物屋のお姉ちゃんにビールをオーダー.
そのときピッチャーを売りつけようとするので大きさをたずねると
他のテーブルから飲みかけのピッチャーを持ってきて見せるという荒業.
さすがチャイニーズ系のお姉ちゃんは逞しいのである.
お姉ちゃんの努力むなしくぼく達はビアマグを1杯ずつとなった.

20110407sate2.jpg

サテといえばマレー料理の串焼きの事.
甘辛いピーナッツ・ソースを絡めて食べる.
このソースが熱帯の気候に良くあってとにかく旨い.
バリでもサテはポピュラーな食べ物で街角の屋台や夜市なので簡単に食べることができる.
さらに言うとバリではサテ・カンビンといって山羊肉のサテがこれまた旨い.
このサテ・カンビンは精力がつくといわれ夜の串焼きなので
これを食べていると友達のロイヤルは「ラブラブゥ~」とからかってくるのである.

ふと見上げれば摩天楼に囲まれたコンクリートジャングル.
そして緑が多く小奇麗な街路を見るとここはシンガポールと再認識.
思った以上に旨かったピーナツソースとアジアな空気は旅心を楽しませてくれる.
シンガポールの始まりとしては上々であった.

ナイトサファリ

これって本物??

20110407nightsafari1.jpg

シンガポール観光といえばすぐに思いつくのがナイトサファリ.
ココは夜も営業している動物園ではなく夜しか営業していない動物園だ.
放し飼いにされた動物達の夜の生態を見ることができる.
そしてトラムに乗ればエンターテイメントを伴って観察させてくれる.
よく考えてみれば動物達は夜行性が多く赤道直下の真昼間に動き回ることはあまりない.

ぼくたちは街の中心部からタクシーでナイトサファリへ乗りつけた.
ディズニーランド動物園版といった趣向のエントランスを入ると
BOXオフィス,レストランとギフトショップが並ぶ.
ファイヤーダンスが行われるアトラクションもここだ.
ナイトサファリを訪れたゲストの期待感はココで一気に頂点に達する.
なかなか旨い仕掛けでぼく達もすでに興奮気味なのだ.

日本語トラム付きのチケットを購入しいよいよメインゲートへ.
園内はトラムに乗ってまわることもトレイルを歩いてまわることもできるが
ぼく達はトラムでぐるっとまわったあと気になったトレイルを歩いてじっくり観察しようというわけだ.
トラムでまわるのはディズニーランドのジャングルクルーズと同じような感じ.
ということはガイドの力量でその面白さが左右されてしまうことになる.
その点日本語ガイドはイマイチで盛り上げ方が足りないのが残念.
やはりこういうところでは英語ガイドが大概面白いものだ.
それでも闇のなか次から次へ動物達を観察できるのは実に楽しい経験であることに代わりはない.

20110407nightsafari2.jpg

鹿,豚,鹿,バク,鹿,ライオン,鹿・・・
アレ??鹿がやたら多いなぁ・・

大体,動物の生態そのものが興味深いものだから
動物園や水族館は大人こそ楽しむべき場所.
気にいった動物を長い時間ズーっと見ていると
その仕草や行動に思わず苦笑せずにいられない.
それは人間にもありそうな行動だったり
普通には考えられないくらいありえない行動だったりする.
動物のほうも人に見られているのを知っているのか・・

思っていた以上に楽しいひと時を過ごしたぼく達はお腹も空いてきた.
晩御飯を食べに行こうとナイトサファリを後にするのだった.

シンガポール・ストップオーバー

20110402checkin1.jpg

バリからの帰り道はいつもの通りシンガポールでストップオーバー.
しかも今回はいつもより多く2泊することにしたのである.

昼のフライトでバリを離れること2時間半でチャンギに到着.
これから正味2日半シンガポールを楽しむことができるわけだ.
まずはベースキャンプとなるホテルにチェックインしよう.

20110402checkin2.jpg

ぼく達が今回宿泊するホテルがある場所はクラークキー.
シンガポール川に面したナイトスポットでぼく達らしからぬロケーションにある.
夜になるとシンガポールの老若男女が集まって街全体が大パーティといった感じなのだ.
ぼくがもう少し若かったら大喜びで遊びに出かけていたところだけど
盛りをすぎたおじさんには,それはそれは刺激強すぎなのである.

ぼく達の目的のひとつ食い倒れにはチャイナタウンあたりのホテルがベストだけど
ホテルグループのキャンペーンで同じプライスでグレードが上げられるのであればこちらを選ぶ.
まぁ,クラークキーとチャイナタウンは歩ける距離だしMRTもあるからどうにかなる.

20110402checkin3.jpg

それでもぼく達にアサインされた部屋は比較的高層階だったのと向きが良くて
部屋からはシンガポールリバー,シンガポール・フライヤー,
そして船をかたどった空中庭園が天井にのっかっているマリーナ・ベイ・サンズが見渡せる.
シンガポールは強引とも思える香港タイムを使用しているため
夜明けが非常におそく7時くらいにならないと明るくならない.
ところが太陽が上がり始めると高いところまで一気に上がって行くのだ.

それが赤道直下にいることの証なのだ.

profile

Bohemian

Author:Bohemian
リラックスして生きる.
ボヘミアンはそう考えます.

categories
latest article
monthly archives
tag

バリ キャンプ ウブド 鎌倉 リゾート ドギー グルメ 70's リラックス サーフィン 富士山 ライスパディ GOODS トレッキング 水遊び おもちゃ 原生林 東北 シンガポール ローカル 紅葉 サヌール  ビーチリゾート 渓谷 ミュージック お寺 お釜 夜店 火遊び ツーバーナー ムービー ハワイ カメラ LCC 裏道 ビーチ クッキング  ホテル 湖畔 '70s 料理 ツール アウトドア パタゴニア 女性ボーカル ジャズ スパ 乗り物 近未来 ブンクス 音楽 朝食 ワルン ジャランジャラン スノー レゲエ  池澤夏樹 ベモ ワンコ   スピリチュアル 

access
on line
現在の閲覧者数:
search
Bohemianのお気に入り
RSS links
our links
メールはこちらから
ご意見・ご感想などあったらメールいただけると嬉しいです。 頂いたメールには返事を出したいのでメールアドレスを忘れずに入れてください。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。