スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の終わり

旅の終わりは不思議な気分.
空港に向かう車窓からの景色もなんだか寂しげだ.

200908旅の終わり1

旅の終わりは誰でもその旅を振り返って楽しかった事,美味しいもの,出会った人々などを思い出しセンチメンタルな気分になる.
不思議なもので空港や帰りの機内もなぜかけだるい空気か充満している.
みんな旅の終わりが現実になって寂しいのだ.
そんな機内で物思いにふけるのも僕は好きなのかもしれない.

200908旅の終わり2


けれども,飛行機が日本に近づく頃になってくると機内の空気もだんだん変わってくる.
みんな気持ちが切り替わって家族の事や次の楽しい事を考え始め明るい表情になっていく.
こんなとき「アーア,明日から仕事かぁ~」なんていってはいけない.台無しだ.

そして,成田でパスポートチェックを抜け到着ロビーに出たときから次の旅の始まりだ.

スポンサーサイト

シンガポールB級グルメ満喫 ムルタバ

滞在のホテルの前を通り過ぎやって来たのはアラブストリート.
ムスリムフードのムルタバを食べよう.
プラニカン,台湾,中華と食べて来て最後はムスリムだ.

200908murutaba1.jpg

お目当ての店はホテルのエントランスからも見えるスルタン・モスクの目の前のZAMZAM.
店の周りにはムスリムたちが大勢たむろしていて異様な雰囲気で久しぶりに味わうアジアの混沌.
でも、さっきオーチャードでの買い物バッグをぶら下げてのんきに行けるところがシンガポール.
あり得ない.ホント安全かも.

店のお兄ちゃんに「ムルタバ1コ,トゥ・ゴーね」といい加減疲れたので店で食べないで持ち帰りにした.
お兄ちゃんは中身をマトンかチキンを選べと迫ってくるのでおとなしくチキンに.
サイズもミディアムかラージどうすると聞かれるがどのくらいの量があるかわからないので「二人で食べるンだけど」と僕.
どうやらミディアムでいいらしく何やら奥に叫んでいる.
暫く後,ものすごい匂いを発するムルタバと付け合わせのカレーソースが手元にきた.
コンビニでタイガービールを買ってホテルに戻るが狭い個室のエレベータはとんでもない匂いが充満.
誰も乗ってこない事を祈るばかりだ.

200908murutaba2.jpg

これがムルタバ.ムスリム風お好み焼きといった感じだけど全然違うもの.
バナナの皮で包んであるところがそれっぽくてイイ.
ムルタバだけでも十分美味しいがつけるカレーソースがめちゃくちゃ美味しい.
もうかなりお腹いっぱいだし,こんなに食べられないなと思ったけど見る見るうちに無くなって気がついたら完食.
今回のB級グルメを総括するとどれも美味しいのだけどこのムルタバが栄誉ある1位に.

明日の飛行機は朝9:30発だ早めに寝よう.




シンガポールB級グルメ満喫 パクテー

オーチャードからブギスに舞い戻って次のB級グルメはパクテー.
ホテル近くのホーカースにパクテーの有名店の出店があるというので行ってみた.

200908baktohteh1.jpg

パクテーは豚のリブを薬膳スープで煮たもの.
一見しつこそうに見えるけど実は凄くあっさりしていて飲み過ぎた次の日に最高な感じ.
付いてくるご飯にスープをかけながら食べると「くぅ~」.
優しいスープが旅で疲れた胃袋に染み渡って優しくいたわってくれる.
リブも余分な油分が落ちていて柔らかくサッパリ.

200908baktohteh2.jpg

しかしこのホーカース.客は結構いるのになんか暗い感じ.
ホーカースって市場と同じで妙に活気があってワクワクする物だけど
ここは深夜サラリーマンが一人で吉野屋で牛丼食べているような哀愁が漂っていたのだ.

お味は最高のパクテーを平らげた後,さらに次のB級グルメを求めて彷徨うのだ.

シンガポールB級グルメ満喫 寄り道

アイスモンスターで一気に冷やされて少し行動的になった僕たちはオーチャードへ.
Pmamaが少し買い物をしたいらしい.

200908orchard1.jpg

今日は日曜日.シンガポーリアン達が大勢街に繰り出していた.
オーチャードはシンガポールの人にとっても買い物天国.

今や一人あたりGDPアジア1位で金融,ITのアジアの中心地.
経済の開放政策で世界中から金と情報が集まって来ている.
おまけに公用語が英語でハザードフリーだから人まで集まってきている.
さらに,世界地図を広げてシンガポールを中心に見てみるどの地域にもアクセスが良くまさに世界の中心といった感じ.
シンガポール港も世界1位の貿易量だし,日本が愚行を繰り返しているうちにこの先どんどん水をあけられていくことは必至なのだ.

だから,かつては為替差益の恩恵で日本人が大挙してブランド品を買いあさっていた頃は遠い記憶の彼方へ・・・
今は,シンガポールの人たちが主役となっているのだ.


シンガポールB級グルメ満喫 アイスモンスター

ラクサで熱々の体を冷やすにはやっぱりかき氷.

200908icemonster1.jpg

シンガポールでかき氷といえばアイスカチャン.
かき氷にピーナッツソースとコーンがかかっているという日本では考えられない組み合わせにたじろいでいたが
台湾の人気店アイスモンスターがシンガポールにもあるらしい.
かき氷にマンゴーとアイスならいたって味覚が日本人の僕たちにも美味しく食べられそう.
しかもマンゴーは大好物だ.

200908icemonster2.jpg

たっぷりのったマンゴーとアイスを見てウキウキして一口.
うっ.キーン!余りの美味しさにこめかみが締め付けられ刺激十分.
ここは北緯1度の島.そんな刺激も蒸し暑い空気が速攻でどこかに行ってしまうのであった.

かき氷といえば水が原材料だけどシンガポールには水資源がない.
なんと水をお隣のマレーシアから買っているのだ.
最近マレーシアがその水の料金を値上げしようとしてシンガポールは大慌て
何しろ生きていく上で水はなくてはならないものなのだ.
そこでシンガポールは下水を高度浄化して飲料水として再利用する「ニューウォーター」を作り出している.
という事はこの氷ニューウォーター?




profile

Bohemian

Author:Bohemian
リラックスして生きる.
ボヘミアンはそう考えます.

categories
latest article
monthly archives
tag

バリ キャンプ ウブド 鎌倉 リゾート ドギー グルメ 70's リラックス サーフィン 富士山 ライスパディ GOODS トレッキング 水遊び おもちゃ 原生林 東北 シンガポール ローカル 紅葉 サヌール  ビーチリゾート 渓谷 ミュージック お寺 お釜 夜店 火遊び ツーバーナー ムービー ハワイ カメラ LCC 裏道 ビーチ クッキング  ホテル 湖畔 '70s 料理 ツール アウトドア パタゴニア 女性ボーカル ジャズ スパ 乗り物 近未来 ブンクス 音楽 朝食 ワルン ジャランジャラン スノー レゲエ  池澤夏樹 ベモ ワンコ   スピリチュアル 

access
on line
現在の閲覧者数:
search
Bohemianのお気に入り
RSS links
our links
メールはこちらから
ご意見・ご感想などあったらメールいただけると嬉しいです。 頂いたメールには返事を出したいのでメールアドレスを忘れずに入れてください。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。