スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の定番

20111224camping3.jpg

ぼく達家族にとって冬にアウトドアを楽しむ定番がココになる.

この冬一番の寒波がやってくる週末,目的地では雪化粧が楽しめるかなと期待も膨らむ.
天気予報も現地は雪模様であったから車もしっかりと冬支度で出かける.
ぼくの考える冬のアウトドアライフは・・
キーンと冷え切った空気の自然の中で雪と冬の静けさを味わい楽しむ.
外で思いっきり冬を楽しんだら暖炉や薪ストーブがあるコテージに逃げ込むことになる.
ポカポカと豊かな暖かさに包まれて今日あった出来事を振り返りして
美味しい食事とワインと共にゆっくりと過ごしたりするのがとても贅沢な時間.
そして翌朝またフィールドへ飛び出す・・・

20111224camping5.jpg

ココは他にもコテージがあって大自然の中にぽつんと立つ一軒のコテージとは行かないけど
周りにはアウトドアフィールドが沢山あるしリラックスして過ごせる素敵なコテージがあって気持ちいいキャンピングが出来るのがいい.
キャンプ≠テントであることがワイルド派に対するアンチテーゼ.

20111224camping4.jpg

コテージのテラスに設えたオーブンつきの薪ストーブ.
これがあれば料理も楽しくなるし簡単でよろしい.
何しろ焼くのも煮るのもオーブンに突っ込むだけだからだ.
夜はかまどでトマトスープとオーブンでつるしベーコンステーキ
翌日のランチはピッツァとストーブ大活躍である.

20111224camping1.jpg

夜,雪模様の予報も外れて快晴.それが寒さに拍車をかけ外はドンドン気温低下しおそらくマイナス5℃以下.
暖かいコテージの中からトイレに行こうと外に出て見上げてみるとそこには満天の星空.
トイレに行くのも忘れてテントがひとつも無い草原サイトまで歩いていって大の字に寝転がると見渡す限り180度の星がぼくに降り注いでくるから怖 い位.
暫くボー然と星を眺めていたがさすがにトイレが我慢できなくなり我に返った.

20111224camping7.jpg

トイレからの帰り道うれしいことがあった.
それはポツンポツンと建っているいくつものコテージの中の暖かい灯りとどのコテージからも楽しそうな話声や笑い声がそっと聞こえたことだ.
今ココには幸せがあふれているんだなと思うとぼくの幸福度も上昇する.
ひょっとしたら今ココはブータンよりも幸福度では上かもしれない.
一人ニヤニヤしながらこの気持ちを伝えたくて妻とドギーズの待つコテージへ急いだのだったが
みんな居眠りしていた・・・ただその姿が幸せそうでぼくの幸福度はさらに上がるのであった.

20111224camping6.jpg

午後3時までノンビリ過ごした翌日.
昼前頃に遠い雪雲からハラハラと雪が舞い降りてきて降り注ぐ太陽のにきらきらと光る.
日差しがポカポカと気持ちいいテラスでその雪を眺めているのがなんとも贅沢な時間.
ドギーズも全身に日差しを浴びてお昼ねは気持ち良さそう.
こんなドギーズの様子を眺めているとこの時間がさらに贅沢なものになって幸せ気分.

20111224camping2.jpg

今回のキャンピングは幸せをいっぱいもらったな.


スポンサーサイト

日本の原風景の先へ

更新さぼっている間に随分と間があいてしまって先週末の話.

20111121ExCamp1.jpg

久しぶりのキャンピングへ行こう.
朝の海のしっかりしたウネリに後ろ髪を引かれたけどそれを振り切って.

キャンプの予定の週末が雨だったり他の予定があったりとここのところキャンピングから遠ざかっていた.
でも,今週末はどうしても家族全員でゆっくりとキャンピングがしたくて多少の雨なら決行である.
気が付けば9月以来のキャンピングだから2ヶ月ぶりのアウトドア・フィールドになる.
もたもたしているうちにキャンピングには一番いい季節が通り過ぎ
ぼくが一番好きなテント&タープで過ごすには妻とドギーズには少し寒い季節になってしまっていた.
道具も冬仕様に切り替えてシャングリラ6+フジカを車に積み込んだ.

2ヶ月もフィールドに出ていないということはドギーズもご近所遊びだけだった.
たとえ近所のビーチや山道で遊んでいても日常には変わりないからドギーズもマンネリ気味?
そんなマンネリを吹き飛ばすにはいつもと違うところがいいと初めての山奥のフィールドへ.
紅葉に囲まれながら川の音の中で過ごせたら最高だ.
目指すキャンプ場はウチからだと本栖を越えその先をまた山奥へ.
道中,目に飛び込んでくるものは日本のまさに原風景といった趣.
ああ~日本の人々はこうやって山里で暮らしてきたんだな.

20111121ExCamp5.jpg

そして帰りには山あいの急斜面に形成された集落を訪ねる.
かつては日蓮宗の総本山へ参拝する人々の宿場として栄えたらしい.
その特異な環境にある宿場は今はその役目を終え重要伝統的建造物群保存地区に.
急坂の石畳を歩いているとかつての賑わいが思い浮ぶ.
東海道や中仙道などにある宿場とは明らかに異なる風景に暫し時を忘れる.

もう,11月だというのにこんな山奥でも暖かい.
そのせいか期待してきた紅葉も色づきが悪い様子.
チャックアウトの再に管理人の方に聞いてみたが,やはり今年は例年以上に暖かいとのこと.
「いつもはこの時期もっとキュッと冷え込んで色鮮やかになるのだけど」と少し残念な様子だった.
とはいえ暖かいのは人もドギーズもありがたく心地よく過ごすことが出来る.


20111121ExCamp2.jpg


山深く,清流が流れ,明かりひとつ見えない本当に静かなこの場所.
そんななかにあるきちんと整備されているキャンプ場はある意味よいコントラストを生んでいる.
場内の通路は舗装され常夜灯もあるがそれが残念な気持ちに繋がらないから不思議だ.
よく見ると実はシンプルなキャンプ場で過剰な設備は無い.
快適な環境で静かに自然に浸る.
そんな贅沢なキャンピングが出来るのがこのキャンプ場のようだ.
ぼく達はまた大人のためのキャンプ場を見つけてしまった.
実はココ.キャンプ場の成り立ちからみて4x4マニアが多くノイジーなのではないかと思って今までは遠慮していたところ.
ところがそれとはまったく反対の印象となりうれしい勘違い.
やはり旅と同じく何事も自分自身が実際にそこに身を置いてみないと本当のことはわからないということだ.

20111121ExCamp4.jpg

キャンピングで一番幸せな時間はドギーズのリラックスした表情を見ること.
いつもと違う場所に遊びに来てよりいっそうハッピーな気分になってくれればぼくはそれだけでいい.
どうやら今回のキャンピングもドギーズ楽しかったようで帰えるときは「もう満足」と申していた.
夏を終わってから天気や自分達の都合のために無かったキャンピング.

20111121ExCamp3.jpg

ドギーズはそれを許してくれたようである.

Wooden Canoe

20111029board1.jpg

ここのところ週末になると怪しい天気が続いたおかげでキャンプは延期の繰り返し.
多少の小雨程度ならいいけど夜中に降る雨の勢いや風を目の当たりにすると「やっぱ延期だな」となってしまう.
この週末の土日ともに夜明け前はスゴイ雨でちょっとウンザリ気味.
それでも昼間はよく晴れるから近所遊びは可能なのだ.

ところでカヌーやボートに関しては素人のぼくだけど一つだけこだわりがある.
それはハンドメイドである.
これはサーフボードもそうでぼくの板はトリップ用の1枚を除いて全てシェイパーが手で削ったものだ.
シェイパーは自分だけのテンプレートをいくつも持っている.
これを元に1枚1枚削っていってその板を使う人に合わせてそれぞれカスタマイズ.
そしてこの世の中にたった1枚だけのサーフボードが完成する.
最後にシェイパーはボードに名を書き入れ自身の造形作品に昇華させるのだ.
同じように見えてロッカーが違う.レールの形状が違う.重さも違う.
こうしてシェイパーが削ったサーフボードを手にして始めて海に入るときの緊張と感動は
いつまでたってもぼくの体に残っている.

だからカヌーやボートでも同じ感動を味わいたい.

ましてやカヌーやボートならウッデンがいい.
ウッデン・カヌーが家に佇む光景や海に浮かべた姿を想像するだけで眠れなくなってしまう.
夜そのカヌーを眺めながらラム酒をグビリとやりたい.
製造工程をおもいっきり人に語りたい.
そして何よりも波が木の船体をたたく時に響く音がたまらないのだ.
市販のファルト,FRP,ポリエチレン製のカヌーでは光景が思いうかばないしあれこれ語ってもマスプロだし・・

で,そろそろ計画段階にはいろうと土曜日の午後行動を起こす.
ウチから自転車で1,2分くらいの所にあるボート・ファクトリ・カナイへ.
ここは自分の船を自作したい人のための工房.
そしてこの工房から海へは歩いて5分くらいか.
オーナーのカナイさんは日本の船の世界では重要人物らしく今月の「KAZI」にも特集されている.

工房へ着くと1階の作業場で丁度ボートを作成中の方が一人.
カナイさんは来客中との事で暫くその作成中のボートをあれこれ眺めながら歓談.
ボートを自作しようとするくらいだから話は止まらないし実に面白い.
自分の作成中のボート見ながら楽しそうに話す姿は素敵だ.
ぼくも早くこうやって語りたいものだ.

暫くしてカナイさんへ挨拶しにいこうと2階へ.
ここは展示場兼サロンといった感じでウッデン・カヌーを眺めながらカナイさんを囲んで船の話,
海の話をするのが楽しいひと時.そのときの姿はみんな子供のようだ.
このサロンにはカヌーのほかに目を引くほど美しいアウトリガーが1艇あった.
あまりの美しさに「アウトリガーを造るのもいいなぁ」と思ってしまう.
そんなぼくはプランが固まっていないということなのか.

チョット遊びに来るつもりが何時間ここにいたのだろう.
気が付けば夕方の5時を回っている.しかもまた風が吹きだしている.
この後海に入ろうと思っていたけどこの風はいやだな今頭の中はカヌーだし今日はサーフィンはパス.

カナイさんの工房では楽しい会話に水を差してしまうのがイヤで写真を撮らなかった.
ホームページがあるので覗きにいってください.雰囲気伝わります.

そして,日曜日はふと午後に思い立って御殿場へ.
途中のドッグランでドギーズは楽しんだようである.

20111029board2.jpg


180°SOUTH(ワン・エイティ・サウス)

20111004_180south1.jpg

1968年アメリカの二人の青年がサーフボードと登山道具も持って旅に出かけた.向かった先は南米のパタゴニア.
そして手付かずのパタゴニアの自然が二人に衝撃を与えた.それは二人の人生の転換点.二人の名前はイヴォン・シュイナードとダグ・トンプキンス.二人はアメリカに帰りそれぞれ「patagonia」「THE NORTH FACE」を設立した・・40年後,その二人の記録映画を見た一人の青年が先人を追体験しようと旅に出た.

こんな映画観ないわけには行かない!イヴォンとダグに多大な影響を受けたぼくにとってこの映画を観ることはある意味ぼくの今までの人生が正しかったことへの再確認.それにしてもサーフボードと登山道具!!  カヌーと登山道具でないところがボヘミアン的なのである.彼ら二人がそれぞれ掲げた理念はぼくのアウトドアライフだけでなく人生に大きく影響を与えた.バランスをとること,幸せとは何か...

監督はこれまでもジャック・ジョンソンらとともにサーフ・ムービーを撮ってきたクリス・マロイ.彼の経験から生まれる映像は見事なほど美しい.

パタゴニアへの旅にインスパイアされて作られた物語だけどサーフィン・シーン大半で山岳シーンよりも多いところが「patagonia」らしいしそういえば今はクリスも「patagonia」のアンバサダーだから「patagonia」というブランドのあり方をそのまま映像にした感じ.とにかく「patagonia」が好きでない人もサーフィンに興味が無い人もこのあまりに美しい映像は必見である.特にイヴォン・シュイナードがここで述べている社会のあり方は意味深い.日本の将来はここから始まる.



サーフィン&アウトドアそして旅・・人生に必要不可欠である.

お洒落キャンピング

20110920camp.jpg

いつも拝見している某方の写麗てるブログで「GO OUT」なる雑誌があると・・ランドネはもう古いのか?
それはもう,おしゃれキャンピングが増殖しているらしく物欲も刺激されるとの事
アウトドア雑誌を読まないから知らなかったけど世の中は進んでいるらしい.
ひょっとして実はぼくはガラパゴス化しているのではないだろうか.

そんなブログに誘発されてウチのキャンピングはどんなだろうと自己検証してみた.

基本的にぼくが一人でキャンピングや旅していたときにそろえた物をずーっと使っている.
そして妻と二人でキャンプに行くようになってその道具達にテーブルとイスを追加しただけだからお洒落キャンピングからは程遠いかも.
幸いにも使い続けてきた道具達が今になっていい味を出しているのでこれからもこのまま変わらずといったところ.
ただシャングリラ6がイマイチなので冬用シェルタがほしいくらいだしお洒落で無くていいけどぼくらしいキャンピングであればいい.
キャンプにはリラックスするためにいくのでキャンプ場も結構お気楽なところを選ぶし車横付けが前提.
そして車で行ってるのにサイトまで延々リヤカー引っ張ってなんてのが一番イヤかも.
それならばはじめからバックパック背負って電車で行ったほうが潔くて好きだ.
でも犬連れで電車は無理だからそういうキャンプ場は犬なしで行くしかない.


遊びといえばサーフィンとテレマーク.旧車趣味は当の昔にやめた.
これにフリー・クライミングなんてのが加わると格好いいのだけど高所恐怖症のぼくははじめからNG.
かつて中学生からはじめたルアーに始まりフライフィッシングへ至ってフライも楽しんだけどもう何年もしていない.
あとは休日に近所のハイキングコースをドギーズと歩くのが楽しくてお出かけしない週末は近所の海か山へ行ったりするし,土曜日などは海岸線を自転 車で走るくらい.
まぁ,これ以上遊びを増やすとお金も時間も行き詰るのでこのくらいが丁度いいと自分に言い聞かせている.


なんて自分だけが楽しい検証であった.
profile

Bohemian

Author:Bohemian
リラックスして生きる.
ボヘミアンはそう考えます.

categories
latest article
monthly archives
tag

バリ キャンプ ウブド 鎌倉 リゾート ドギー グルメ 70's リラックス サーフィン 富士山 ライスパディ GOODS トレッキング 水遊び おもちゃ 原生林 東北 シンガポール ローカル 紅葉 サヌール  ビーチリゾート 渓谷 ミュージック お寺 お釜 夜店 火遊び ツーバーナー ムービー ハワイ カメラ LCC 裏道 ビーチ クッキング  ホテル 湖畔 '70s 料理 ツール アウトドア パタゴニア 女性ボーカル ジャズ スパ 乗り物 近未来 ブンクス 音楽 朝食 ワルン ジャランジャラン スノー レゲエ  池澤夏樹 ベモ ワンコ   スピリチュアル 

access
on line
現在の閲覧者数:
search
Bohemianのお気に入り
RSS links
our links
メールはこちらから
ご意見・ご感想などあったらメールいただけると嬉しいです。 頂いたメールには返事を出したいのでメールアドレスを忘れずに入れてください。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。