スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の定番

20111224camping3.jpg

ぼく達家族にとって冬にアウトドアを楽しむ定番がココになる.

この冬一番の寒波がやってくる週末,目的地では雪化粧が楽しめるかなと期待も膨らむ.
天気予報も現地は雪模様であったから車もしっかりと冬支度で出かける.
ぼくの考える冬のアウトドアライフは・・
キーンと冷え切った空気の自然の中で雪と冬の静けさを味わい楽しむ.
外で思いっきり冬を楽しんだら暖炉や薪ストーブがあるコテージに逃げ込むことになる.
ポカポカと豊かな暖かさに包まれて今日あった出来事を振り返りして
美味しい食事とワインと共にゆっくりと過ごしたりするのがとても贅沢な時間.
そして翌朝またフィールドへ飛び出す・・・

20111224camping5.jpg

ココは他にもコテージがあって大自然の中にぽつんと立つ一軒のコテージとは行かないけど
周りにはアウトドアフィールドが沢山あるしリラックスして過ごせる素敵なコテージがあって気持ちいいキャンピングが出来るのがいい.
キャンプ≠テントであることがワイルド派に対するアンチテーゼ.

20111224camping4.jpg

コテージのテラスに設えたオーブンつきの薪ストーブ.
これがあれば料理も楽しくなるし簡単でよろしい.
何しろ焼くのも煮るのもオーブンに突っ込むだけだからだ.
夜はかまどでトマトスープとオーブンでつるしベーコンステーキ
翌日のランチはピッツァとストーブ大活躍である.

20111224camping1.jpg

夜,雪模様の予報も外れて快晴.それが寒さに拍車をかけ外はドンドン気温低下しおそらくマイナス5℃以下.
暖かいコテージの中からトイレに行こうと外に出て見上げてみるとそこには満天の星空.
トイレに行くのも忘れてテントがひとつも無い草原サイトまで歩いていって大の字に寝転がると見渡す限り180度の星がぼくに降り注いでくるから怖 い位.
暫くボー然と星を眺めていたがさすがにトイレが我慢できなくなり我に返った.

20111224camping7.jpg

トイレからの帰り道うれしいことがあった.
それはポツンポツンと建っているいくつものコテージの中の暖かい灯りとどのコテージからも楽しそうな話声や笑い声がそっと聞こえたことだ.
今ココには幸せがあふれているんだなと思うとぼくの幸福度も上昇する.
ひょっとしたら今ココはブータンよりも幸福度では上かもしれない.
一人ニヤニヤしながらこの気持ちを伝えたくて妻とドギーズの待つコテージへ急いだのだったが
みんな居眠りしていた・・・ただその姿が幸せそうでぼくの幸福度はさらに上がるのであった.

20111224camping6.jpg

午後3時までノンビリ過ごした翌日.
昼前頃に遠い雪雲からハラハラと雪が舞い降りてきて降り注ぐ太陽のにきらきらと光る.
日差しがポカポカと気持ちいいテラスでその雪を眺めているのがなんとも贅沢な時間.
ドギーズも全身に日差しを浴びてお昼ねは気持ち良さそう.
こんなドギーズの様子を眺めているとこの時間がさらに贅沢なものになって幸せ気分.

20111224camping2.jpg

今回のキャンピングは幸せをいっぱいもらったな.


スポンサーサイト

日本の原風景の先へ

更新さぼっている間に随分と間があいてしまって先週末の話.

20111121ExCamp1.jpg

久しぶりのキャンピングへ行こう.
朝の海のしっかりしたウネリに後ろ髪を引かれたけどそれを振り切って.

キャンプの予定の週末が雨だったり他の予定があったりとここのところキャンピングから遠ざかっていた.
でも,今週末はどうしても家族全員でゆっくりとキャンピングがしたくて多少の雨なら決行である.
気が付けば9月以来のキャンピングだから2ヶ月ぶりのアウトドア・フィールドになる.
もたもたしているうちにキャンピングには一番いい季節が通り過ぎ
ぼくが一番好きなテント&タープで過ごすには妻とドギーズには少し寒い季節になってしまっていた.
道具も冬仕様に切り替えてシャングリラ6+フジカを車に積み込んだ.

2ヶ月もフィールドに出ていないということはドギーズもご近所遊びだけだった.
たとえ近所のビーチや山道で遊んでいても日常には変わりないからドギーズもマンネリ気味?
そんなマンネリを吹き飛ばすにはいつもと違うところがいいと初めての山奥のフィールドへ.
紅葉に囲まれながら川の音の中で過ごせたら最高だ.
目指すキャンプ場はウチからだと本栖を越えその先をまた山奥へ.
道中,目に飛び込んでくるものは日本のまさに原風景といった趣.
ああ~日本の人々はこうやって山里で暮らしてきたんだな.

20111121ExCamp5.jpg

そして帰りには山あいの急斜面に形成された集落を訪ねる.
かつては日蓮宗の総本山へ参拝する人々の宿場として栄えたらしい.
その特異な環境にある宿場は今はその役目を終え重要伝統的建造物群保存地区に.
急坂の石畳を歩いているとかつての賑わいが思い浮ぶ.
東海道や中仙道などにある宿場とは明らかに異なる風景に暫し時を忘れる.

もう,11月だというのにこんな山奥でも暖かい.
そのせいか期待してきた紅葉も色づきが悪い様子.
チャックアウトの再に管理人の方に聞いてみたが,やはり今年は例年以上に暖かいとのこと.
「いつもはこの時期もっとキュッと冷え込んで色鮮やかになるのだけど」と少し残念な様子だった.
とはいえ暖かいのは人もドギーズもありがたく心地よく過ごすことが出来る.


20111121ExCamp2.jpg


山深く,清流が流れ,明かりひとつ見えない本当に静かなこの場所.
そんななかにあるきちんと整備されているキャンプ場はある意味よいコントラストを生んでいる.
場内の通路は舗装され常夜灯もあるがそれが残念な気持ちに繋がらないから不思議だ.
よく見ると実はシンプルなキャンプ場で過剰な設備は無い.
快適な環境で静かに自然に浸る.
そんな贅沢なキャンピングが出来るのがこのキャンプ場のようだ.
ぼく達はまた大人のためのキャンプ場を見つけてしまった.
実はココ.キャンプ場の成り立ちからみて4x4マニアが多くノイジーなのではないかと思って今までは遠慮していたところ.
ところがそれとはまったく反対の印象となりうれしい勘違い.
やはり旅と同じく何事も自分自身が実際にそこに身を置いてみないと本当のことはわからないということだ.

20111121ExCamp4.jpg

キャンピングで一番幸せな時間はドギーズのリラックスした表情を見ること.
いつもと違う場所に遊びに来てよりいっそうハッピーな気分になってくれればぼくはそれだけでいい.
どうやら今回のキャンピングもドギーズ楽しかったようで帰えるときは「もう満足」と申していた.
夏を終わってから天気や自分達の都合のために無かったキャンピング.

20111121ExCamp3.jpg

ドギーズはそれを許してくれたようである.

お洒落キャンピング

20110920camp.jpg

いつも拝見している某方の写麗てるブログで「GO OUT」なる雑誌があると・・ランドネはもう古いのか?
それはもう,おしゃれキャンピングが増殖しているらしく物欲も刺激されるとの事
アウトドア雑誌を読まないから知らなかったけど世の中は進んでいるらしい.
ひょっとして実はぼくはガラパゴス化しているのではないだろうか.

そんなブログに誘発されてウチのキャンピングはどんなだろうと自己検証してみた.

基本的にぼくが一人でキャンピングや旅していたときにそろえた物をずーっと使っている.
そして妻と二人でキャンプに行くようになってその道具達にテーブルとイスを追加しただけだからお洒落キャンピングからは程遠いかも.
幸いにも使い続けてきた道具達が今になっていい味を出しているのでこれからもこのまま変わらずといったところ.
ただシャングリラ6がイマイチなので冬用シェルタがほしいくらいだしお洒落で無くていいけどぼくらしいキャンピングであればいい.
キャンプにはリラックスするためにいくのでキャンプ場も結構お気楽なところを選ぶし車横付けが前提.
そして車で行ってるのにサイトまで延々リヤカー引っ張ってなんてのが一番イヤかも.
それならばはじめからバックパック背負って電車で行ったほうが潔くて好きだ.
でも犬連れで電車は無理だからそういうキャンプ場は犬なしで行くしかない.


遊びといえばサーフィンとテレマーク.旧車趣味は当の昔にやめた.
これにフリー・クライミングなんてのが加わると格好いいのだけど高所恐怖症のぼくははじめからNG.
かつて中学生からはじめたルアーに始まりフライフィッシングへ至ってフライも楽しんだけどもう何年もしていない.
あとは休日に近所のハイキングコースをドギーズと歩くのが楽しくてお出かけしない週末は近所の海か山へ行ったりするし,土曜日などは海岸線を自転 車で走るくらい.
まぁ,これ以上遊びを増やすとお金も時間も行き詰るのでこのくらいが丁度いいと自分に言い聞かせている.


なんて自分だけが楽しい検証であった.

東洋のナイアガラ

この滝の存在さえ知らなかった・・・

20110913camp4.jpg

キャンプ場からの帰り道に日本の観光地らしく無料駐車場と騙った品のないお土産屋や食堂が軒を連ねているところがあった.
何かな?と思ったらどうやら滝らしい.それも「東洋のナイアガラ」だと?
そんなお土産屋たちを通り過ぎたところに市営駐車場があったのでそこに停めて見に行くことにした.
何しろ今回のキャンピングは観光もテーマのひとつなのだ.

「滝入り口」の看板を目印に峡谷へ降りていくとそこには「ワォ!」という世界が待っていた.
なかなかの迫力の滝でそれだけでも十分楽しめるのだけど,ここのすごいところは柵がない!
基本的に過保護の日本で柵が無いのは非常に珍しい.
滝ギリギリのところに「ハイ,ココから先は入ったらダメよ,もしこの線越えて落ちても責任もたないかんね」と石灰で白線が引いてあるだけなのだ.

20110913camp5.jpg

そして渓谷沿いの遊歩道も柵は一切ないから歩いているだけで緊張感を伴い面白さが倍増する.
怖がりなピンクなどは踏ん張って動かなくなってしまうほどだ.
これが全て柵で囲まれていたらこんなに面白くないし興奮しないだろうなぁ.

落ち着いて長い年月の間に削り取られた岩肌と大きな岩盤の上を勢いよく流れる川のコントラストが美しい.

Back to Basics

久しぶりのキャンピング,初心に帰る.

20110913camp2.jpg

9月に入りウチにとってのサマー・ブレイクが終わりようやくキャンピング・シーズン再開.
なんだかんだで気付けば2ヶ月ぶりのキャンピングは秋に向けてのウォーミング・アップ.
今度はどこに行こうかと過ごしやすい高原でフリーサイトというとありそうでなかなか無いのが現実.
しかもよく管理・手入れされたキャンプ場というとさらに少なくなるからキャンプ場を決めるのも大変.
で,今回は3連休2連発前の週末なら空いているだろうと目指したのはじめての程よく高規格なキャンプ場である.

20110913camp3.jpg

スキー場のグリーン・シーズンを利用したこのキャンプ場は草原と森のバランスが結構良い.
しかも草原のスロープが程よい景観を作り出してチョット今までのキャンプ場とは違ったよさがある.
僕たちは目の前を滑り降りていくスロープが見えるフラットなロケーションに設営.
スロープを眺めながらぼーっしているのが最高に気持ちよかった.
山羊のフンが結構落ちていたけど全て拾ってしまえば極楽そのものでドギーズを最高にリラックス.
その辺を歩き回ったり,気持ちよさそうに草原にゴロンとしたりしているのを見ているともうそれだけで幸せ気分.
緑のスロープは目の前を滑り降りていく.そして振り返れば山を駆け上がっていく.「いやぁ,いいなぁココ.」
ここでは籐のピクニックバスケットにランチと白ワインを入れて来たらヨーロピアン・カントリ・ムードが味わえて最高だな.
それこそぼく達が目指す大人のキャンピングである.紅葉の時期もこれまた素敵なんだろうなぁ.

20110913camp1.jpg

羊飼い宜しくドギーズを連れてグリーンスロープを登っていこう.
多分20度くらいの斜面だからこれを登るのはそれなりにきついがドギーズが楽しそうに走りまわっているのを見ると不思議と登っていけるものである.
結構登ったところで振り返るとこれまた絶景があった.
メイン棟がある他のキャンパーがいるフィールドを眼下に眺めるは良い景色だね.
そこからずっと離れた右端にぼく達のサイトが見え気分上々.
実は今回は試さなかったけどここは犬と一緒にロープウェイで上まで登ることが出来る.
上がって軽くトレッキングなどをしてこのグリーンスロープを降りてくるのは楽しいに決まっている.
そういえば昨日,犬2匹を連れてゆっくりとスロープを降りてくる人がいたっけ2匹ともとてもよく躾られうっとりするくらい格好良かった.
そう,このキャンプ場は犬がとてもよく似合うフィールドなのだ.

久しぶりのキャンピングでさらにアウトドアの魅力に感嘆したぼくであった.


profile

Bohemian

Author:Bohemian
リラックスして生きる.
ボヘミアンはそう考えます.

categories
latest article
monthly archives
tag

バリ キャンプ ウブド 鎌倉 リゾート ドギー グルメ 70's リラックス サーフィン 富士山 ライスパディ GOODS トレッキング 水遊び おもちゃ 原生林 東北 シンガポール ローカル 紅葉 サヌール  ビーチリゾート 渓谷 ミュージック お寺 お釜 夜店 火遊び ツーバーナー ムービー ハワイ カメラ LCC 裏道 ビーチ クッキング  ホテル 湖畔 '70s 料理 ツール アウトドア パタゴニア 女性ボーカル ジャズ スパ 乗り物 近未来 ブンクス 音楽 朝食 ワルン ジャランジャラン スノー レゲエ  池澤夏樹 ベモ ワンコ   スピリチュアル 

access
on line
現在の閲覧者数:
search
Bohemianのお気に入り
RSS links
our links
メールはこちらから
ご意見・ご感想などあったらメールいただけると嬉しいです。 頂いたメールには返事を出したいのでメールアドレスを忘れずに入れてください。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。