スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なるほどそういうことだったのか

NEX-5A_B.jpg

本命はこっちなのだ

前に述べたように僕はソニー好きである.
今回TX5を手に入れた僕だけど本当はNEX3/5が欲しいのだ.
最近注目のミラーレス一眼.
オリンパスやパナソニックのマイクロフォーサースなどが先鞭をつけたけど
どうも既存のカメラの概念から抜けきれていないところが寂しい.
一方NEX3/5はこの割り切ったデザインがたまらない.
なにしろレンズがメインで本体はおまけといった感じがたまらなくいいのである.
どうせならもっと突っ込んでレンズと同径のボディにして
レンズだけのカメラみたいにしてくれたらよかったのになぁ.
それでもたまにこういった既存の価値観を打ち破るプロダクトを出してくるのがソニーらしいところ.
「ウォークマン」「β」や「カセット・デンスケ」を世に送り出してきた.
その分普段はどうしようもない感じではあるが・・
そしてまたしても独自規格のEマウント.
懲りないやつらとはソニーのことをいうのか?

こういうカメラを見てしまうと今までのデカくて重いデジイチはいらないな.
大体そんなに撮影技術があるわけでもないし特に趣味って程でもない.
ただコンデジよりもうちょっと踏み込んでカメラをいじって楽しみたいだけだから
このくらいが僕にはあっているのだ.

TX5が使いやすくて気分をよくしている妻に
「今の一眼下取りに出して,次はソニーが最近出した一眼買いたい.」
と便乗してお願いするのであった.

早くソニー2台体制を作りたいものである.

と、考えているところへEマウントのハンディカムは発表された.
なるほどそういうことだったのか.
こういう展開を狙っているのだな.

そのハンディカムのオフィシャルオフィシャル映像は秀逸.
舞台はバリなのだ.




スポンサーサイト

tag : カメラ おもちゃ

晩夏の月光

20100828晩夏の月光

いくら酷暑が続いても季節は移ろう.
朝の4時半頃にこの位置に月があるということはもうすぐそこには秋が来ている.


tag : 鎌倉

涼を求めて.

20100825summercamp1.jpg

高原に流れるそよ風を一身にうけたくてキャンプ道具を車に積み込んだ.
実は数日前から妻と二人でいくつかの今回の候補地をガイドブックやWEBを参考に
「あそこがよさそうだ」「ココでノンビリしたい」と話し合っていた.
こうした会話もキャンプ遊びの楽しいひと時でこの時点からキャンプが始まっているのだろう.

海からの風も心地いいけど夏の日差しに軽く汗ばんだ体に高原のカラッとした風は格別.
程よく整備されて,良く管理の行き届いたフィールドでキャンプがしたい.
ココだったらそれが出来できるかなと期待感いっぱいのドライブはそれだけで楽しい.
選んだ地域は1年を通してよく訪れるところだから初めてのキャンプ場でもお気楽気分

買い物は大好きなあのスーパーマーケットで.
翌日のお風呂はあの温泉で
お昼はあそこで食べて.

とスムーズな予定が頭の中ですぐに出来上がってしまうのも
なんだか「ウチの別荘へ」といった気分でいい.
高原へ続く道を駆け上がると車窓には牧場や瀟洒な別荘地が広がり軽い高揚感を覚える.
木立の中を走りぬければもうすぐ目的地にたどり着く.

今日初めて訪れたキャンプ場はとても落ち着いた雰囲気に包まれていた.
キャンプ場自体が持っているムードがとてもよく思わず笑みが漏れてしまうところ.
初めてのところで草原で過ごしたかったけど指定されたのは林間サイト.
ゲストがそれぞれ過ごすサイトは全てキャンプ場でコントロールしている様子.
良く見れば程よいバランスでテントが点在してどのサイトでもノンビリ緩やかに過ごせそう.
なるほどこういう風にしているから訪れたときに感じたムードがあるのだな.
この管理は有りだしこの方針は正しい.大人のキャンプ場である.

20100825summercamp2.jpg

そんなキャンプ場であれば素敵に過ごせるのは当たり前のこと.
素敵なフィールドを眺めながらの会話・酒・料理が楽しい.
ノンビリ本を読んでみたり,ワンコとじゃれあってみたり.
たまには寝転がってウタタネも素敵な時間.
人にもワンコにも生きてく上でこういう場所と時間が必要なのが良くわかる.
そうすればすっかり緩んだ状態が出来上がって幸福そのものなのだ.


tag : キャンプ リゾート リラックス

海につれていって!

20100821七里swim5

今日はお休みでしょ?

だったら泳ぎに連れて行ってよ.

草原で遊ぶのも大好きだけどやっぱり夏は海がいいな.

だって水に浮かんでいるとスゴク自由になった気分になれる.

この海をずっと泳いでいくと外国にいけるんでしょ?

いつか行ってみたいな.ワタシも泳いでいけるかな.

だって外国いくときはいつもお留守番なんだもん.

いつまでも泳いでいたな.また連れてきてね.

20100821七里swim2

tag : ドギー 鎌倉 水遊び

夏・・・そしてバリ

20100821monkyforest.jpg

久しぶりにバリについて.

日本列島がヒートアップして犠牲者続出のニュースを耳にして
そんな中,日本よりも遥かに過ごしやすい気候のバリに思いをはせてしまうのだ.

バリといえば熱帯地方で真昼は日差しも強く暑い.
だけど海からの風があるため日本と違って熱がこもるようなことはない.
日陰に入れば涼しいし真昼の一番暑いときを除けば気持ちよく街を歩くことが出来る.
それは快適といっても言い過ぎではないくらいだ.

もちろんバリは暑い真昼の日差しは半端でない.
だから学校も朝7時前には始まって昼前には終わるから涼しいうちに勉強というわけ.
そして大人も朝と夕方しか働かない.
男達は昼間は家でごろごろしているか道端のいたるところにあるバレ(東屋)でこれまたごろごろしている.
元々バリの男達は働かないので暑いからというだけではないのだけど・・
働いているのはジャワからの出稼ぎだったりする.
とにかく彼らが行動するのは朝と夕方であることに間違いはない.

バリの場合ヤシの木よりも高い建物を建てられない.
だから海からの風が高層ビルに遮られることなく内陸部まで入ってくるから涼しいのだ.
しかも標高1700mのキンタマーニ高原や3000mを超えるアグン山などの山をすぐ後ろに抱えているからなおさらだ.
常に海と山を風が行ったりきたりしているのだ.
ヤシの木が風に揺れて葉が擦れあう音も涼しげだ.
だからコテージタイプのホテルに滞在していればエアコンは要らない.

僕が住む鎌倉も同じで風致条例のために高い建物が建てられないから
海から鶴岡八幡宮まで真っ直ぐ伸びる若宮大路が風を奥まで運こび込んでくれるし
海を除く3方は山だから空気を冷却してくれる.
だからここでも風が海と山を行ったり来たりしている.
東京が30℃を下回らない夜でも25~26℃くらいと
窓を全開にしてさえいればエアコンなどまったく不要なのだ.

話をバリに戻すと世界最大のイスラム教徒人口のインドネシアに属するバリ島は8月11日からラマダンに入った.
もちろんバリニーズはバリ・ヒンドゥなので関係ないのだけど
商売やホテル経営をしている人達はジャワの人が多いのでイスラム教徒なのだ.
ラマダン=断食となるが実はラマダンの意味はイスラム教上の9月のこと.
この時期にバリに行っても何にも影響はないのだけど
イスラム教徒は仕事中でも日中は何も食べていないので
少しイラついているから注意という話を聴いたことはある.
そんなかれらは夜は大量の豪華な食事をするらしい・・
実際去年はラマダン中に渡バリしたけどいつもと変わらないバリがそこにはあった.

大きく違うのはイドゥル・フィトゥリというラマダン明けを祝う時期.
このときはインドネシアの休暇時期にあたり民族大移動が生きる
大量のインドネシア人がバリに流れ込んでくるというのだ.
逆にバリに出稼ぎに来ているジャワ人などは里帰りというわけである.
ただバリのホテルは外国人用とインドネシア人用の住み分けが割と出来ているので問題ない.
だけど街はいつもと違った雰囲気で欧米人のリゾートというよりも日本の観光地といった感じになって面白いらしい.
そんなバリも見てみたい.

それにしても醜い暑さの日本列島である.

tag : バリ ウブド

あっ!



天気図を見れば台風接近
今年最初の台風からのうねりが楽しめそうと今朝から近所はそわそわした空気で僕まで落ち着かない気分.
PCで波情報を集めていたらYouTubeで先日アップした
サーフムービー「メニー・クラシック・モーメント」の映像を発見.
これはアップせねばなるまい.
それにしても冒頭のメッセージは今こそ現代人がもう一度見つめ直さなくてないものだろう.

という事で僕の明日の予定は風邪です.

tag : サーフィン 70's ムービー

オープン・ウォーター・スイミング

20100809shitiri2.jpg

ますます泳ぎに磨きがかかって・・

風もなく薄曇りで案外過ごしやすい今朝はいつもの稲村ガ崎ではなく七里ガ浜へ
ローカル風情たっぷりの稲村ガ崎とはちがって少し華やかな雰囲気がいい.
とはいっても江ノ島のように人があふれて俗っぽくなく
ちょっと大人な空気が流れているところが七里ガ浜のいいところ.
実際僕のホームポイントは七里ガ浜にある峰が原で30年以上もここで海に入っている.

20100809shitiri1.jpg

家から海に向かっていくこの坂道は七里ガ浜の顔といっても差支えないだろう.
この真っ直ぐな坂道はいつ来ても気持ちのいい坂道だし
遮るものさえないからそのまま海えと繋がっているように見える.
特に波のある日にボードを自転車に載せてこの坂を下るときは気持ちが異常に高揚する.
そしてこの坂を下りきったところを横切る江ノ電が花を添えるわけだ.

沖で腿程度の波が割れているけど結構潮が引いていて
リーフのインサイドはそれほど波も高くないので遊べそうだ.
日曜朝の波を楽しんでいるサーファーを尻目に海遊びだ.
僕が投げたおもちゃを波を乗り越えリトリーブしてくるピンクはいつ見ても飽きない.
昨日ここでサーフィンした僕.
この波なら今日も入りたいところだけどこのワンコたちを見るためなら仕方ない・・・
それほど癒されるし家族みんなでこうやって過ごすのがいい.

最近わかったことだけど僕がオモチャを持って海に入っていくと
ピンクは後から追いかけて海に入り泳いでついてくる.
僕がノンビリ歩いているとたちまち追いつかれてしまうから
そこでさらに沖に向かってオモチャを投げる.
そうすればそこからは僕はピンクと一緒に泳ぐことが出来るのだ.
まさか,ワンコと一緒に泳げるとはなぁ.
一緒に泳いで判ったことだけどピンクは実は必死.
鼻をキューキュー,フガフガ鳴らしながら懸命に泳ぐ姿は逞しいと共に愛おしい.
だから横に並んで一緒に泳げるうちに沢山泳ごうと思うのだ.

20100809shitiri3.jpg

といっても泳ぐのはもっぱらピンクばかりでヴィッキーはダメなやつ
ピンクが泳いでリトリーブしてきたオモチャをほしそうに後をついてまわるのが関の山だ.
相変わらずのヴィッキーである.
そこで「君も一緒に泳ごう」と思い波打ち際が怖いのではないかと
ダッコして5メートルくらい行って海に下ろすと・・
肝心のヴィッキーは即Uターンである.
一方ピンクは遥か沖に向かっていくのであった.

この日は魚屋でメバチマグロのカマが手に入ったので午後3時過ぎからBBQ.
オマケに夜はワンコ散歩のついでに珊瑚礁でソフトクリームを食べ贅沢な1日であった.

tag : ドギー 水遊び 鎌倉

kalapana (1975)

kalapana.jpg

ハワイの匂いで部屋が充満しちゃう.

こうも熱いとジャズやレイドバック・サウンドでは暑苦しくなって仕方がない.
それじゃやっぱりハワイでしょうということでカラパナである.

ハワイというとフラ・ミュージックを連想するけど.
僕にとって,イヤ40代半ば以上のオジサン・サーファーにとって
ハワイの音楽といえばカラパナに代表されるハワイアン・ロックである.
ハワイのさわやかな海と空を運んでくるようなサウンドは
その時代のサーファー達の心をグッとつかんでしまった.
ウェストコースト・サウンドにハワイの香りをブレンドしたようなアコースティックサウンドは
海まで向かうエアコンもないオンボロ車の中で聴くには最高.
だらしなく足を窓から出してみんなで口ずさみながら行くのがいつものこと.
あのダルな空気とワックスの匂いが充満した車内はまさにサーフ・カルチャーそのものだった.
社会の仕組みに取り込まれていないというか脱落しているというか
そんなサーファーという人種が愛していたバンドである.

こうやって振り返って考えてみると今の僕やっぱり働きすぎだ.
あの当時はノンビリ働いて楽しく生きていければいいヤと思っていたのだけど・・
いつの間にか現代社会の先を急ぐようなスピードに追い立てられているかも.
妻に言わせれば「ウチはユルーく生活しているよ」となるが
もっともっとゆっくりと自然のリズムに合わせて生きていかねば幸せになれないな.
「幸せ」というものをもう一度見つめなおさないといけない.

カラパナというと「カラパナ(1975)」,「カラパナ?(1976)」が有名かつ名盤であるけど
「メニー・クラシック・モーメンツ(1978)」が音楽もさることながらサーフムービーで.
青春真っ只中の僕にとっては思い出深い.
サーフィン映像そのものが少なかった当時公民館が上映会場になることが多かった.
興行主が日本のサーフ・タウンをドサ周りするわけだ.
まだビデオなんか普及していなかったから集まった何百人ものサーファーが
ワーワー,キャーキャー言いながら1シーン,1シーンごとに歓声を上げていたものだ.
それはまさに「ビッグ・ウェンズデー」の1シーンそのままで
サーファーが最高にカッコよく見えた時代だった.

久しぶりに波を求めてハワイをドライブに行こうか.

tag : サーフィン ミュージック 70's ハワイ

大鵬・巨人・卵焼き?

20100703Tx51.jpg

夏真っ盛りの中サーフィンしたりワンコと海で泳いだりプール行ったりと
しっかりエンジョイした週末に久しぶりの新しいおもちゃである.

「大鵬・巨人・卵焼き」は昭和の時代の好きなもののベスト3としてよく言われたものだが
僕の好きなものといえば「アップル・ソニー・SQアテンダント」ということになる.
なんとも好みの傾向が判りやすいのだがそんななか
このたび久しぶりにその中のソニーが新たに仲間入りをした.
サーフィン・バックカントリというウチのアクティビティからすると
防水コンパクト・デジカメがほしくていろいろ考えていたのだけど
ソニーなうえデザインと暗所撮影がいいのでコレをチョイス.
スペックはパナソニックが優位のようだが松下嫌いだから当然対象外となった.

楽しみすぎた週末の日曜夕方は心地よい疲労感.
海からのそよ風も火照った体に気持ちいい.
採れたて鎌倉野菜と七里ガ浜沖で今朝取れた魚をテラスで炭焼き.
完全地産地消でカーボン・フットプリントも限りなく0に近くてとてもヘルシーかつエコロジー.
露地物野菜にこだわると旬の野菜しか食べることが出来ないので
それだけで季節を感じたりしていいものだ.

今日,魚屋で旨そうなカワハギがあったので下ろしてもらおうとお願いすると
「夏のカワハギは肝がないよ,あるのは冬だけで肝で寒さから身を守っている」
と驚きの事実,まるでウェット・スーツのような肝である
昼に刺身で頂いたけど極上の旨さであった.

軽く飲んで7時過ぎには眠くなってきてしまった.
今寝るのはあまりに早すぎるので風に当たりながらテラスでリラックス.
ほんのり照らし出すランタンの明かりを眺めて
今日が最高に充実した日であったことに感謝.
気が付くと妻とワンコがソファでリラックスしていた.
僕だけ仲間はずれだったのである.

そしてなんといってもパノラマ撮影が魅力なのである.
20100703Tx54.jpg



tag : おもちゃ

profile

Bohemian

Author:Bohemian
リラックスして生きる.
ボヘミアンはそう考えます.

categories
latest article
monthly archives
tag

バリ キャンプ ウブド 鎌倉 リゾート ドギー グルメ 70's リラックス サーフィン 富士山 ライスパディ GOODS トレッキング 水遊び おもちゃ 原生林 東北 シンガポール ローカル 紅葉 サヌール  ビーチリゾート 渓谷 ミュージック お寺 お釜 夜店 火遊び ツーバーナー ムービー ハワイ カメラ LCC 裏道 ビーチ クッキング  ホテル 湖畔 '70s 料理 ツール アウトドア パタゴニア 女性ボーカル ジャズ スパ 乗り物 近未来 ブンクス 音楽 朝食 ワルン ジャランジャラン スノー レゲエ  池澤夏樹 ベモ ワンコ   スピリチュアル 

access
on line
現在の閲覧者数:
search
Bohemianのお気に入り
RSS links
our links
メールはこちらから
ご意見・ご感想などあったらメールいただけると嬉しいです。 頂いたメールには返事を出したいのでメールアドレスを忘れずに入れてください。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。