スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wooden Canoe

20111029board1.jpg

ここのところ週末になると怪しい天気が続いたおかげでキャンプは延期の繰り返し.
多少の小雨程度ならいいけど夜中に降る雨の勢いや風を目の当たりにすると「やっぱ延期だな」となってしまう.
この週末の土日ともに夜明け前はスゴイ雨でちょっとウンザリ気味.
それでも昼間はよく晴れるから近所遊びは可能なのだ.

ところでカヌーやボートに関しては素人のぼくだけど一つだけこだわりがある.
それはハンドメイドである.
これはサーフボードもそうでぼくの板はトリップ用の1枚を除いて全てシェイパーが手で削ったものだ.
シェイパーは自分だけのテンプレートをいくつも持っている.
これを元に1枚1枚削っていってその板を使う人に合わせてそれぞれカスタマイズ.
そしてこの世の中にたった1枚だけのサーフボードが完成する.
最後にシェイパーはボードに名を書き入れ自身の造形作品に昇華させるのだ.
同じように見えてロッカーが違う.レールの形状が違う.重さも違う.
こうしてシェイパーが削ったサーフボードを手にして始めて海に入るときの緊張と感動は
いつまでたってもぼくの体に残っている.

だからカヌーやボートでも同じ感動を味わいたい.

ましてやカヌーやボートならウッデンがいい.
ウッデン・カヌーが家に佇む光景や海に浮かべた姿を想像するだけで眠れなくなってしまう.
夜そのカヌーを眺めながらラム酒をグビリとやりたい.
製造工程をおもいっきり人に語りたい.
そして何よりも波が木の船体をたたく時に響く音がたまらないのだ.
市販のファルト,FRP,ポリエチレン製のカヌーでは光景が思いうかばないしあれこれ語ってもマスプロだし・・

で,そろそろ計画段階にはいろうと土曜日の午後行動を起こす.
ウチから自転車で1,2分くらいの所にあるボート・ファクトリ・カナイへ.
ここは自分の船を自作したい人のための工房.
そしてこの工房から海へは歩いて5分くらいか.
オーナーのカナイさんは日本の船の世界では重要人物らしく今月の「KAZI」にも特集されている.

工房へ着くと1階の作業場で丁度ボートを作成中の方が一人.
カナイさんは来客中との事で暫くその作成中のボートをあれこれ眺めながら歓談.
ボートを自作しようとするくらいだから話は止まらないし実に面白い.
自分の作成中のボート見ながら楽しそうに話す姿は素敵だ.
ぼくも早くこうやって語りたいものだ.

暫くしてカナイさんへ挨拶しにいこうと2階へ.
ここは展示場兼サロンといった感じでウッデン・カヌーを眺めながらカナイさんを囲んで船の話,
海の話をするのが楽しいひと時.そのときの姿はみんな子供のようだ.
このサロンにはカヌーのほかに目を引くほど美しいアウトリガーが1艇あった.
あまりの美しさに「アウトリガーを造るのもいいなぁ」と思ってしまう.
そんなぼくはプランが固まっていないということなのか.

チョット遊びに来るつもりが何時間ここにいたのだろう.
気が付けば夕方の5時を回っている.しかもまた風が吹きだしている.
この後海に入ろうと思っていたけどこの風はいやだな今頭の中はカヌーだし今日はサーフィンはパス.

カナイさんの工房では楽しい会話に水を差してしまうのがイヤで写真を撮らなかった.
ホームページがあるので覗きにいってください.雰囲気伝わります.

そして,日曜日はふと午後に思い立って御殿場へ.
途中のドッグランでドギーズは楽しんだようである.

20111029board2.jpg


スポンサーサイト

For winter

20111120_acc.jpg

もう10月も半ばを過ぎ冬の足音が遠くに聞こえだした.

そろそろやがて訪れる冬に備えて準備をしないといけない.
ウチの冬支度といえば薪割りだ.12月から焚くとして少なくとも2か月分は準備しておきたい.
とは言ってもまだ昼間は短パン+Tシャツでいられるからなかなか実行に移すのは大変.
やらなきゃいけないとわかっていても尻に火がつくまで実行に移さないのが人間というものなのだ.
大体,準備が良すぎる人間はぼくはあまり好きではない.
それでは自分に何かきっかけを与えれば出来るのではないかと考えた末の結果が新しい道具を手に入れることだった.

男というのは大体道具好きだし新しい道具を手に入れればそれを使ってみたくなる生き物.
ましてやそれが本物だったりすれば尚更でひとたびその道具を使えばニヤっと口元が緩むものなのだ.
だから物を与えれば言うことを聞くところが動物ぽくて生々しいが,とりあえずぼくはその部類に入るらしい.
よく「名工道具選ばず」というがこれはウソ.
「名工はいい道具を選ぶ目を持っている」なのだ.
彼らが選び使い込んだ道具は美しい.
だから,ぼくが道具につられてしまうのももあながち悪いことではないような気がする.

今回は,スプリッティング・ハンマーと楔である.
これでより硬く太い玉を割ることが出来る.
まだまだ自分の手で割ることに拘りはある.

On sunday


20111013_holiday.jpg

休みの日,午後まだ日が高いうちにドギーズとともに海へ.

今日は気持ちいいからただ眺めているだけ.

10月に入り長閑な海だけど思いの他ウネリがある.

軽い西風とショアブレイクの音が周りからぼく達を開放する.

ここには自然と自分に向き合う時間と空間がある.

そういえば今度の週末は久しぶりに高原が見たいけど天気はどうかな?

180°SOUTH(ワン・エイティ・サウス)

20111004_180south1.jpg

1968年アメリカの二人の青年がサーフボードと登山道具も持って旅に出かけた.向かった先は南米のパタゴニア.
そして手付かずのパタゴニアの自然が二人に衝撃を与えた.それは二人の人生の転換点.二人の名前はイヴォン・シュイナードとダグ・トンプキンス.二人はアメリカに帰りそれぞれ「patagonia」「THE NORTH FACE」を設立した・・40年後,その二人の記録映画を見た一人の青年が先人を追体験しようと旅に出た.

こんな映画観ないわけには行かない!イヴォンとダグに多大な影響を受けたぼくにとってこの映画を観ることはある意味ぼくの今までの人生が正しかったことへの再確認.それにしてもサーフボードと登山道具!!  カヌーと登山道具でないところがボヘミアン的なのである.彼ら二人がそれぞれ掲げた理念はぼくのアウトドアライフだけでなく人生に大きく影響を与えた.バランスをとること,幸せとは何か...

監督はこれまでもジャック・ジョンソンらとともにサーフ・ムービーを撮ってきたクリス・マロイ.彼の経験から生まれる映像は見事なほど美しい.

パタゴニアへの旅にインスパイアされて作られた物語だけどサーフィン・シーン大半で山岳シーンよりも多いところが「patagonia」らしいしそういえば今はクリスも「patagonia」のアンバサダーだから「patagonia」というブランドのあり方をそのまま映像にした感じ.とにかく「patagonia」が好きでない人もサーフィンに興味が無い人もこのあまりに美しい映像は必見である.特にイヴォン・シュイナードがここで述べている社会のあり方は意味深い.日本の将来はここから始まる.



サーフィン&アウトドアそして旅・・人生に必要不可欠である.

久しぶりに長袖に手を通そうか・・

20111004autmun2.jpg

月が替わりいよいよ秋らしくなってきた日曜日の朝もうアスファルトも暑くならない.ゆっくりと朝食をとったあとのんびりとドギーズと散歩に出かけ る.あいにくの曇り空の下静かな海はもうあの夏の高揚感はなく何処か落ち着いた空気.海は訪れる主役を仲間達から恋人達へバトンタッチ.二人寄り 添って海を眺める姿が似合う季節だ.だから今日はビーチは恋人達に譲ってぼく達はビーチ沿いの歩道を行くことにした.

途中に軽く腰をかけて海を眺めることが出来るところがあるのでここでチョット一息入れながら海を眺める.こんな静かな海でも入っているサーファー・・「偉いなぁ」.ぼくはなんか贅沢になってしまったのか最近は「オンショアが強すぎる」「波小さすぎ」 「いつでも入れるからマタ今度」とかいってよほどコンディションが良くないと入らないもの・・良くない傾向である.やっぱり海に入れば気持ちいいし,海そのものの素晴らしさを実感できるから30分でも水に浸かりたいものだ.にもかかわらずこれから冬にむかうなぁ・などと考えるへたれであ る.

そんなへたれでもこうやって陸から眺めていれば気分を上げてくれる海はやっぱりスゴイ.地球のパワー全開といったところか.妻もドギーズも海を見ればやっぱり幸せそうな表情になる.もちろん山だって負けてないからやっぱり自然はすごいのだ.

20111004autmun1.jpg

天気の回復した午後は陽気に誘われて自転車で漕ぎ出す.と言っても遠くに行くわけではなく江ノ島までのチョイノリ.急にヨットとサザエのつぼ焼き を見たくなったのだ.相変わらずスゴイ人出の江ノ島.サクッとヨットハーバーを眺めた後は裏通りへ.この1本裏に入っただけの路地はひっそりと佇 む.そこには釣餌屋と魚屋が昔ながらの風景を作り出し昭和にタイムスリップした感じがいい.


今日は久しぶりに長袖シャツを引っ張り出してきた.秋だな.

Save water, Drink Beer

20111001octoberfest5.jpg

かの法螺吹き男爵こと自称ブルースマン堀田貴之の名言「Save water, DrinkBeer」を人生の指針としているぼくはそれに恥じないように赤レンガ倉庫で開催中のオクトーバー・フェストへやってきた.
元々はドイツ・ミュンヘンの祭りで数年前から日本でも各地で開かれるようになったこのビールがぶ飲み祭りはここ赤レンガが日本では最初に始めた. 初回のときはぼく達も結構近くに住んでいたので訪れてきたけどそれからはご無沙汰.
今回は友達の大ちゃんが会場を造った.その大ちゃんに「今年はすごいよ.何しろ本場ミュンヘンの巨大ビールテントを再現するから.つまり日本最 大」と聞いていたのでそれでは大ちゃんの作品見物を兼ねて久しぶりに行ってみようということになったのだ.

20111001octoberfest2.jpg

ノンビリ歩いていくとライトアップされた赤レンガ倉庫が見えてくる.赤レンガ倉庫が綺麗に整備されてもう10年くらいの年月が経つけど やっぱりここはいいね.公園としては山下公園のほうがムードがあって好きだけどここもかなりいい.倉庫以外に何も建てないでがらんとしたスペース にしたのが赤レンガの倉庫をより引き立たせているのが素敵.ぼく的には修復・再生の成功例なのだ.

20111001octoberfest3.jpg

これが大ちゃんの作品か!「これはまさにミュンヘンの再現だね!」と言いたいところだけどあいにくミュンヘンのオクトーバーフェストは知らない. だけど雰囲気は伝わってきてワクワクしてくるからすごいのだ.とにかくそんないい雰囲気のテントでドイツ楽団の演奏を聴きながらドイツビールをグ ビっとやるのは気持ちいい.これでドイツ民謡でもみんなが歌いだしたらそこはミュンヘンである.

20111001octoberfest1.jpg

帰りは汽車道を桜木町までのんびり歩いくとみなとみらいの夜景が奇麗なのであった.やっぱ横浜いいなぁ.

20111001octoberfest61.jpg

profile

Bohemian

Author:Bohemian
リラックスして生きる.
ボヘミアンはそう考えます.

categories
latest article
monthly archives
tag

バリ キャンプ ウブド 鎌倉 リゾート ドギー グルメ 70's リラックス サーフィン 富士山 ライスパディ GOODS トレッキング 水遊び おもちゃ 原生林 東北 シンガポール ローカル 紅葉 サヌール  ビーチリゾート 渓谷 ミュージック お寺 お釜 夜店 火遊び ツーバーナー ムービー ハワイ カメラ LCC 裏道 ビーチ クッキング  ホテル 湖畔 '70s 料理 ツール アウトドア パタゴニア 女性ボーカル ジャズ スパ 乗り物 近未来 ブンクス 音楽 朝食 ワルン ジャランジャラン スノー レゲエ  池澤夏樹 ベモ ワンコ   スピリチュアル 

access
on line
現在の閲覧者数:
search
Bohemianのお気に入り
RSS links
our links
メールはこちらから
ご意見・ご感想などあったらメールいただけると嬉しいです。 頂いたメールには返事を出したいのでメールアドレスを忘れずに入れてください。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。